うつ病父さんのおバカ2姉妹子育て記

10年前にうつ病をわずらった現在無職の父さんが、思春期姉妹の育児に奮闘する!?

正味10分!? 超かんたん、専業主夫が作った手抜きカレー

スポンサードリンク

 

 

明日、帰るの遅くなるけ、カレー作っといてや

とつぜん、2世帯住宅の下の婆さんから司令が下った。

 

カレーですか・・・・・・


ぼくが元気なころの趣味は料理で、わざわざルーから作っていたものだが、今は持病のうつがしんどくてとてもじゃないができない。

 

「材料は用意しとくけ」

 

朝、勝手に台所に肉・タマネギ・ニンジン・カレールーが用意され、みな出ていった。

 

どうしてもカレーを作らざるをえなくなってしまった。

 

困った。

 

動けないので、困った。

 

 

そして、やはり昼まで動けずじまいでなにもできず。

夕方から、なんとか作りはじめた。

  

まず、材料を切る。

 

f:id:fuku-utsuo:20190110100145j:plain

ざっくりてきとうに切る。

 

ここで、タマネギをアメ色になって甘くなるまで2時間ほど炒める・・・・・・

 

 なんてことはしない

 

うちは「ハウス・バーモントカレー甘口主義」でリンゴとハチミツで元々甘いので、いいのだ。

 


そして、ひたすら圧力鍋につっこむ。

ぜんぶつっこむ。

f:id:fuku-utsuo:20190110100236j:plain

その前に、肉の表面を焦げ目がつくまで炒め、うまみを封じこめ・・・・・・

 

 なんてこともしない

 

うまみは、ルーにどんどん逃げてよいのだ。

 

 

ローリエ?

 

なにそれ。

 

どうせカレー味になるんだから、そんなもの要らない。


で、圧力鍋の圧力をマックスまでかけ、肉を柔らかくする。

f:id:fuku-utsuo:20190110100312j:plain


圧力が上がり高温になったら、オーブン兼電子レンジにつっこむ。

 

f:id:fuku-utsuo:20190110100341j:plain

ぶれた。雰囲気だけ。

 

オーブン兼電子レンジは熱が逃げにくい構造のため、ほっといて余熱で煮込む

 

この間、なんにもしない

 

洗濯物をたたんだり風呂洗いとか別のことをやる。

 


で、しばらくしたら台所にもどり、鍋に火をかけてルーを溶かす。

 
はいできあがり。

f:id:fuku-utsuo:20190110100434j:plain


超かんたん手抜きカレー作成完了。

台所に立っていたのは、正味10分くらい。

 

その後、夕飯時に出てきたカレーは温玉・チーズトッピングされていて、えらく豪華なご馳走になっていた。

 

手抜きは内緒で!

 

スポンサードリンク

   

ブックマークであしあとをどうぞ

  ↓

ご訪問ありがとうございました。
ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします。
 ↓

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ

  広島ブログ