うつ病とアルコール依存症ですが、人間です。

うつ病、アルコール依存症とは? 精神病院に入院治療、症状が治らず家庭崩壊寸前です。 しかし頑張れば人間、なんとかなるものです・・・かな?

夜、眠れない、困った!そんなときの対応方1

ad

 

今日も一日、終わりました。

さあ、風呂も入ったし、明日の準備もできてるし。

ふとんに入って、目覚ましをセットした。

あとは眠るだけ……。

 

f:id:fuku-utsuo:20180526184325j:plain

著作権 足成サイトより


なのに。

なのに、眠れない。

眠たいんだけど、眠ってくれない


まぶたを閉じて、何にも考えないように……

そういえば、明日の会議資料は完璧だったっけ。

あの社長は厳しいコトいってくるからな~。

いや、明日のことは明日考えよう。


今は眠ること……。


-----------------------


あれ、まだ眠ってない。

いま何時だ?

1時半!?

げ。


明日、大事な会議があるというのになんたること。

眠らねば、早く眠らねば……


------------------------


あれ、まだ眠れてない。

いま何時だ?


の、ような経験がおありの方、いませんか。

これ、毎日つづくようなら、不眠症の一歩手前まできてますね。

日常の、何らかのストレス、悩み、神経が過敏になって眠れない。

自律神経が、交感神経(起きるほう)が優位にたって、副交感神経(眠るほう)にいってない。

脳内ホルモンの睡眠を担当する、「メラトニン」がうまく分泌されてない。

さまざまな原因が絡み合って、眠れない。


このまま放っておくと、日常生活が辛いばかりか、不眠症」 → 「うつ病発症」の黄金パターンにはまってしまいます。


これは最悪。

今のうちになんとか、少しずつでも改善していきましょう。

 


1.お風呂を、38度くらいのにゆっくりつかる

 

ご存知の方、多いでしょう。

熱いお湯につかると、自律神経の交感神経が優位にたち、目が覚めてしまいます。

できるだけ「ぬるめ」のお湯につかると、副交感神経が優位にたち、眠りやすくなります。

ただ、今の時期、風邪を引いては元も子もないですね。


風呂からあがったらすぐ、パジャマに靴下はいて、ぬくぬく。

風邪だけは避けないと、ですね。

 


2.ふとん乾燥機でふとんをあっためておく

 

ちょっと時期外れですが、冬にやっていた方法です。

(このご時世、ふとん乾燥機は流行ってないですが。)

冷めた部屋で冷たいふとんにはいると、暖かくなるまで時間がかかりますね。

そのぶん、眠りにつくのも遅くなる。

あらかじめ、ふとん乾燥機でしばらく暖めておくと、ふとんに入ればもうぬくぬくの極楽です。


そのままウトウトすることもありました。

やってみる価値あり。

 


3.コーヒー・タバコはもちろんカフェインのがあるので眠気を妨げますが、ご存知の通り、日本茶にもカフェインがはいっています。

 

寝る前はさけましょう。

ウーロン茶はカフェインが含まれていませんので、暖かいウーロン茶をずずっとすすって、ほかほかしましょう。

 

(つづく)

ad

 

 

ご訪問ありがとうございました。
ランキングバナーをポチッと、どうぞよろしくおねがいします。
 ↓

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村

 

ブログランキング

 

広島ブログ