読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病とアルコール依存症ですが、人間です。

うつ病、アルコール依存症とは? 精神病院に入院治療、症状が治らず家庭崩壊寸前です。 しかし頑張れば人間、なんとかなるものです・・・かな?

うつっぽくなった時の対処法

 

 

 

うつっぽくなってしまったら

  

f:id:fuku-utsuo:20170514140041j:plain

 


ストレスが溜まりすぎると、だれでも気分が落ち込み、憂鬱(ゆううつ)になります。

 

うつ病とはいえないまでも、「うつっぽい気分」から抜け出せなくなります。

 

これを「抑うつ状態」といいます。

 

心身が抑うつ状態に長い間さらされると、本当にうつ病を発症しかねません。

 

早めに手を打ちましょう。

 


前述したストレス対処法のほかに、以下のような手段があります。

 


(1)腹を抱えて笑う

 

笑いの精神的効果」は有名ですね。

 

話すと長くなるのでここでは割愛しますが、腹をかかえて笑うと副交感神経を刺激し、脳がリラックスします。

 

また、「腹を抱えて笑う」というとおり、大笑いは腹式呼吸の一種です。

 

自然に腹式呼吸を行っていることになり、ストレスを解消しやすくなります。

 


(2)朝、日光浴をする

 

抑うつ状態になると、朝起きあがれなくなり、暗い部屋に閉じこもりがちになりますよね。

 

休みの日は、昼まで布団の中、という方が多いのではないでしょうか。

 

昼間に寝てしまうので、夜眠れなくなり、夜更かしをして、ますます朝が起きれないという悪循環になっていませんか。

 

いっそのこと、朝ムリヤリにでも起きて、朝日を浴びましょう。

 

朝日を浴びると、体内時計がリセットされます。

 

できれば、むりやりにでも日中を行動的に過ごしましょう。

 

朝7時に体内と時計がリセットされれば、14時間後、脳の中に「メラトニンというホルモンを分泌します。

 

つまり、夜9時ごろ、眠気を誘発するメラトニンが分泌されますので、眠くなったらそのまま眠ってしまいましょう。

 

翌朝、また早起きして、日光浴です。

 


お役に立ちましたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 禁酒・断酒

 

ブログランキング

 

FC2ランキング

 

広島ブログ