読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病とアルコール依存症ですが、人間です。

うつ病、アルコール依存症とは? 精神病院に入院治療、症状が治らず家庭崩壊寸前です。 しかし頑張れば人間、なんとかなるものです・・・かな?

アルコールを避ける方法

 

 

 

この記事は、うつ病アルコール依存症になってしまった人向けです。

 

お酒を控えているのに、無性にアルコールが欲しくなった場合、どうやって飲まずに済ませるか?

 

うつ病抑うつ状態の人がお酒を飲むと、うつ症状が悪化します。

 

アルコール依存症者の場合、「はじめの一杯」が連続飲酒の発端となります。

 

 どうやったらお酒を飲まずに済ますことができるでしょうか?

 

 

f:id:fuku-utsuo:20160806104519j:plain

 

 

(1)酔ったときの気分を想像しない

 

人は、酔っ払うと気持ちが良くて楽しいものです。

 

酔った時の楽しい気持ちを、思い出さないようにしましょう。

 

その時の気分を想像すると、どんなに長く断酒をした人でも、酒が恋しくなります。

 

酒を飲んで、また楽しい気分を味わいたくなります。

 

一口でも飲んでしまうと、楽しい気分になるのですが、欲望を抑える気持ちもゆるんでしまうので、タカがはずれたように次から次へと飲み、酔っ払うまで飲んでしまいます。

 

こうなると最悪です。

 


次の日、酔いがさめても、また酒が欲しくなります。

 

 


(2)酒の席や、宴に近づかない

 

焼肉屋、祭り、花見など、お酒を飲んでいる人たちのそばに近づかないようにしましょう。

 

その時は我慢できても、家でひとりになった時に、ふと飲みたくなってしまいます

 

家の人が晩酌をしているのなら、席をはずして、酒の匂いもかがないようにしましょう。

 

酒を見たり匂ったりすると、どうしても自分が飲んでいたときの気分を思い出してしまいます。

 

そうすると、どうしても飲みたくなってしまいます。

 


できるだけ、酒から遠ざかりましょう。

 

 

まあ、当たり前といえば当たり前のことばかりですが。

基本は再認識しないと、ですね。

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 禁酒・断酒

 

ブログランキング

 

FC2ランキング

 

広島ブログ