うつ病とアルコール依存症ですが、人間です。

うつ病、アルコール依存症とは? 精神病院に入院治療、症状が治らず家庭崩壊寸前です。 しかし頑張れば人間、なんとかなるものです・・・かな?

精神科再入院(5)…診察の記憶がまるでない

 

 

 

(つづき)

 

車のなかでションベンをたれながしつづけていた、僕が次に気づいたのは、医師との診察の場面だった。

「医師と面談をした」という部分だけは、強く記憶してていた。


前回とはべつの医師だったが、顔見知りだったため、今回の担当医になってほしいと強くお願いした覚えがある。


しかしその様子も、だれが一緒にいたかも覚えていない。

医師の顔以外はまるで覚えていない。

 

f:id:fuku-utsuo:20151219145313j:plain

著作権:越田内科クリニックHPより

 

本人はそのくらいの記憶だが、嫁さんにあとから聞いた話では

イスに座ることもままならない酔いっぷりだったので、ストレッチャー(例の、患者を運ぶためのベッド)に乗せたまま、意識のないままに診察されていた。


時々目を覚ましては、何か言おうとストレッチャーの上で起き上がろうとしたが、ちゃんと座ることすらできないほど酔っていて、何を言っていたのかよくわからない。

アルコールを抜くための点滴を打って、そのまま意識が戻らなかった」

そうだ。


嫁さんは入院の手続きを済ませたあと帰宅したらしいのだが、そのほかの事は、まるっきり覚えていない。


本人は「面談をした」と思い込んでいたのだが、面談どころじゃなかったのだ。


我ながら「いくらなんでもずいぶん無茶苦茶な酔いかたをしたんもんだ」と思い、酒飲みとして、いや人間として恥ずかしくなった。



気がつくと、僕は、鉄格子の部屋にいた。

 

 

 

 

 

認知症予防

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ

 

 

ブログランキング

 

 

ブログランキングNo.1

 

 

広島ブログ