読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病とアルコール依存症ですが、人間です。

うつ病、アルコール依存症とは? 精神病院に入院治療、症状が治らず家庭崩壊寸前です。 しかし頑張れば人間、なんとかなるものです・・・かな?

精神科再入院(6)…隔離病室

 

 

 

(つづき)

 

 気がつくと僕は、鉄格子の部屋にいた。

 

茶色いな、と思った。

 

ゆかは、茶色のタイル。


正面は、茶の鉄格子と、茶のペンキの鉄とびら。


左右は、茶の木の壁。


上を見上げると、うす茶色にしみついた、元々は白であったであろう天井。


その天井には、古い蛍光灯と、黒い60センチ平方のプラスチック板、その向こうに透けてみえるのは監視カメラ。


直径10センチくらいの火災報知器、それにスプリンクラー

 

目に付くもの、すべて茶色だった。

 


 茶でない色は、というと。


床に直に敷かれた一畳くらいの水色のマット。


マットの上に、ベージュの古ぼけた敷ぶとん。


その敷きぶとんにも、うすピンクの掛けぶとんにも、カバーすらかけられていなかった。

 


 背中がわには、奥に一畳ほどの空間があり、ステンレスの黒色の便器があった。

 


そう、前回と同じ。

 

通称「保護室」と呼ばれる、「隔離病室」の中に、僕はいた。


もちろん、鉄のとびらには鍵がかけられていて開かない。

 

4畳半くらいの部屋の中には、僕、ただひとり。


部屋の外には、だれもいない。

 

正面の茶色い鉄格子と、鉄のドアを見ていた。


今、1秒ほど時がすぎた。


いや、今すぎたのは、1分くらいじゃなかったか。

 


自分のなかで、時が流れているのか、止まっているのか良く判らなくなった。

 


1分だったかもしれないし、1時間だったかもしれない。


茶色の鉄格子を見ながら、ぼうぜんとした。

 

 

 

 

認知症予防

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

うつ病、アルコール依存症の治療・治し方とは (+精神病院 閉鎖病棟 入院ブログ)

精神病院へ通いつめるうつ病・アルコール依存症父さんのおバカ2姉妹子育てブログ。 ふく うつお

 

 

 


 

酒ブログ

 

FC2

 

 

blgランキング   

 

 

広島blg

グダグダ生活をつづりまふ。哀れな中年うつ病・アル中