読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病とアルコール依存症ですが、人間です。

うつ病、アルコール依存症とは? 精神病院に入院治療、症状が治らず家庭崩壊寸前です。 しかし頑張れば人間、なんとかなるものです・・・かな?

会社で仕事中に、規律に違反せずに酒を飲む方法

f:id:fuku-utsuo:20140517101941j:plain

 

ぼくは大酒飲みであります。

 なので、酒にはめがない。


仕事も、飲みながらやったほうが効率がよい、立派な仕事ができると信じている。

 


ところで、「粉末アルコール」というのが、アメリカで売り出されたされたらしいですな。

「パルコール」という商品で、水に混ぜればスグに酒ができるというスグレモノ。

 

ところが実は 、日本の「佐藤食品工業」という会社が、とっくの昔に粉末アルコールを開発していたとのこと。

小売りはしていないらしく、だから私たちは知らなかったワケです。

 

 

ところでわれわれは、ぼくと同じく大酒飲みの同僚と、とっくの昔に

 「会社の規律にふれずに会社でで酒を飲む方法

 を考え出していたのであります。

 

規律は、「社内で飲酒をしないこと」

 

つまり、「飲酒、酒を飲まなければよい」ということですな。

 

そんなら、「酒を食べればよい」んじゃありませんか。

 

 

ということで、まず思い付いたのが。

「ウィスキーボンボン」の巨大なものを作る。

ウィスキーボンボンじゃ、小さすぎて酔ったりしませんから。

 

縦15センチ、直径5センチほどのコーラ瓶くらいのウィスキーボンボンを作ってしまおう。

 

中にはどっぷりとウィスキーを仕込んでおこう。

 

これだと、何か言われても

「ただ単に、ちょっとだけ大きめのウィスキーボンボンを食べてるだけです。会社の規定には違反してません」

と、胸を張って言えます。

言い張るんです! キッパリと!

 

 

 

もうひとつの方法は、「酒入りゼリー」。

これも、家でジュースを温めて、うんと濃い目にゼラチンを溶かします。

市販されている酒入りゼリーのようなあまっちょろいヤツじゃダメです。

ウィスキーを、もう、どっぷりと混ぜます。

 

 

100℃ではアルコールが蒸発してしまいますので、エタノールの沸点以下、70℃くらいでウィスキーをどっぷりと混ぜ、冷蔵庫でひやします。

 

これを、会社で「おやつ」として食べちゃう。

何をいわれても、あくまでも「おやつ」ですから。

規定には違反しておりません!

言い張るんです! キッパリと!

 

 
ほかにいいアイデアがあったら、教えてください。

 

あくまでも、規定に違反しない方向で(笑)